• HOME
  • 賀寿(長寿)のお祝い

賀寿(長寿)のお祝い

賀寿イメージ

長寿のお祝い(賀寿)について

長寿のお祝い(賀寿)年表

平成29年の長寿のお祝い(平成29年2月4日~平成30年2月3日)
基本的には数え年で祝いますが、最近では満年齢でもかまいません。

年齢/名称 由来・言われ
61歳
還暦

61年目に自分の生まれた年の干支が一巡することから、この歳で赤ちゃん に還えるという考えが由来です。

平成29年の対象者 昭和32年2月4日~昭和33年2月3日生(61歳)
70歳
古稀

中国の詩人杜甫の詩にある「人生七十、古来稀なり」という言葉に由来しています。 昔は七十という年齢は稀な長寿だったのです。

平成29年の対象者 昭和23年2月4日~昭和24年2月3日生(70歳)
77歳
喜寿

「喜」という字は草書体にくずすと「七七七」となるから。

平成29年の対象者 昭和16年2月4日~昭和17年2月3日生(77歳)
80歳
傘寿

「傘」という字は「八十(縦書き)」と略し、八十とも読めることから。

平成29年の対象者 昭和13年2月4日~昭和14年2月3日生(80歳)
88歳
米寿

「米」という字を分解すると「八十八」と分けられるため。

平成29年の対象者 昭和5年2月4日~昭和6年2月3日生(88歳)
90歳
卒寿

「卒」という字は「卆」と略し、九十と分けられるため。

平成29年の対象者 昭和3年2月4日~昭和4年2月3日生(90歳)
99歳
白寿

「百」から「一」を取ると「白」になることから。

平成29年の対象者 大正8年2月4日~大正9年2月3日生(99歳)
100歳
百寿

「百賀の祝い」ともいい、百歳以上は1年ごとに祝います。百一歳は「百一賀の祝い」百二歳は「百二賀の祝い」といいます。百は「もも」とも読めます。

平成29年の対象者 大正7年2月4日~大正8年2月3日生(100歳)
108歳
茶寿

「茶」という字を分解すると「八十八(縦)」の上に「十」が二つあるように読めることから。

平成29年の対象者 明治43年2月4日~明治44年2月3日生(108歳)
110歳
珍寿

大変珍しいほどの長寿であることから。

平成29年の対象者 明治41年2月4日~明治42年2月3日生(110歳)
111歳
皇寿

「皇」の字を分解すると「白・十」と二つの「一」、「白」は九十九(白寿の項を参照)に「一」を二つ足すと百十一となることから。

平成29年の対象者 明治40年2月4日~明治41年2月3日生(111歳)
120歳
大還暦

還暦の倍であることからこのように呼ばれています。

平成29年の対象者 明治31年2月4日~明治32年2月3日生(120歳)

お祝いの品に心のこもったひとことを添えて
長寿のお祝いメッセージカード

メッセージカード(敬老B)
メッセージカード(敬老D)
メッセージカード(敬老A)
メッセージカード(敬老C)
遠く離れて暮らしている場合など、お祝いの品と一緒に
心のこもった手紙を添えれば、なによりのお祝いになることでしょう。

長寿祝着レンタル

帽子(1P)じんべい(1P)
記念品や引出物を20,000円以上お買い上げの方に長寿祝着セット一式を無料でレンタル(一週間以内)いたします。 また、長寿祝着セットのみのレンタルも承っております。お気軽にお申し付けください。

お祝いごとの祝色(基調色)

  • 還暦
  • 古稀
    喜寿
  • 傘寿
    米寿
  • 卒寿
    白寿
  • 百寿
    以降

※地域により祝色(基調色)が異なる場合がございます。
※長寿のお祝い全般的に古来より最高位の色とされている紫色を使うこともあります。
長寿祝着セットのみのレンタルも承っております。
お気軽にお申し付けください。
[じんべい、帽子セット]2,160円(税込)※レンタルの場合

還暦の記念写真

記念撮影承ります

記念撮影承ります ご家族・親戚との記念撮影承っております。
お気軽にお申し付けください。

その他多数の商品を大進の総合カタログでも紹介しています 無料カタログ請求 お祝い・お返しギフト1,400点以上掲載!! 進物の大進 総合カタログ 最新号

長寿 Q&A

長寿に関するよくあるご質問を紹介します!

長寿のお祝いの贈り物はどんなものが良いでしょうか?
長寿のお祝いは「還暦」のように決まった贈り物はありませんが、その名称にちなんだ品、例えば、その文字をあしらった食器・置物「傘寿」には傘を贈り物に使うこともあります。またしきたりや長寿ということにこだわりすぎないで、先方の精神的・肉体的年齢に合わせ趣味嗜好も考えて選ぶことが大切です。また注意することとして、身につけるものは年齢より若向きのものを選ぶことです。
長寿のお祝いにはどのようなものがありますか?
平均寿命の短かった昔は、四十歳くらいから長寿のお祝いをしたといいますが、現在では還暦から始めるのが一般的です。 お祝いは数え年で数えるのがしきたりですが、現在では満年齢でお祝いする人も多くなってきました。 また昔は、節句やめでたい日にお祝いをしましたが、今では誕生日にお祝いするのが一般的なようです。

わからない事・ご不明な点がございましたら
お近くの各店舗にてお気軽にお問い合わせください。

店舗一覧を見る